経営戦略の一つであるフランチャイズ!どのような仕組み?

フランチャイズとはどんな仕組み?簡単に商売出来る!

フランチャイズとは経営戦略の一つであり、未経験でも本部から経営に関する様々なことを教えてもらうことで店を経営することが出来ます。ビジネスに成功している本部は更なる利益の為に店舗を拡大したいと考えています。そこで新しいオーナーに新たな新店舗の経営を任せようとします。任されたオーナーは店舗経営を行ったことのない未経験者ですが、未経験者でも問題なく経営出来るように仕入れや販売などビジネスに必要なノウハウを手に入れることが出来るのです。

フランチャイズの利点!成功したビジネスを始める!

フランチャイズ本部の加盟店になることで既に成功しているビジネスを始めることが出来るのが大きなメリットです。もちろん本部のブランドは強力なもので、ブランド力があるだけで大きな集客効果が見込めるのです。これに対して一から店舗をオープンさせた場合、ブランド力がないに等しいので最初は集客率が上げられないことが多くあります。そういった意味でも、最初から集客率が上々な結果になり得るのは大きなメリットだと言えるでしょう。

フランチャイズのデメリット!ただでは経営出来ない!

良いこと尽くめのフランチャイズですが、多くのノウハウを享受する代わりにこちらは加盟店が本部に支払う費用、ロイヤリティを支払います。加盟店や本部の意向によって支払う費用は違いますが、ほとんどの場合は売り上げの何パーセントかを支払わなければなりません。なので利益が少なくても支払う必要性があります。また、経営は全て本部のマニュアル通りにやらなければならないので、自分が考えた方法で店舗の経営を行うことは出来ないのです。

代理店の募集というのが、起業関連の情報誌などにしばしば掲載されています。安易に飛びつかないことです。場合によっては大きな損失を被ることになります。