今すぐできる!SNSを利用するときのプライバシー対策

パスワードをしっかり考える

SNSを利用するときには、何かとパスワードが必要になってきますよね。面倒だからといって、単純なパスワードにしていませんか?生年月日など、自分の身近な情報からパスワードを作るのは避けておきましょう。しっかりパスワードを考えることは、プライバシー対策として有効な方法なんです。自分しかわからない、簡単には予想しにくいパスワードを作るのがベストでしょう。難しいパスワードでも、何回も利用すると覚えられますよね。

写真や動画をすぐSNSにアップしない

スマートフォンで写真や動画を撮影するのって楽しいですよね。友人と遊んでいる様子をSNSにアップしている、という人も多いでしょう。そこで注意してほしいのが、車のナンバーなど、個人情報が写り込んでいないかということなんです。外で撮影していると、つい周囲のことを忘れてしまいがちですよね。プライバシー対策をしっかり行うためにも、写真や動画をSNSにアップするときは、人物の背景までよく確認するようにしましょう。

SNSでプライベートな情報のやり取りをしない

SNSは、簡単にメッセージがやり取りできるので便利ですよね。SNSの多くが、メッセージのやり取りを誰でも見られるようになっています。誰かに知られたら困るという情報は、なるべくSNS上でやり取りしないほうが良いかもしれません。どうしてもプライベートな情報をやり取りしたいというときには、公開先の設定をするなど、限られた人しか見れないようにしておきましょう。プライバシー対策をしておけば、SNSを安心して楽しめますよね。

機密文書とは、国家レベルや企業レベルなど様々なものがあります。それらの運営をする上で他者に情報が漏れたくないものを指します。