仕事選びのための適正検査

適正検査と、その結果

適正検査とは自分の性格を調べるための検査のことです。テスト形式で決められた時間内に多くの質問に答えていき、選択肢の選び方によって、自身の性格がどのようなものなのか評価されるというものです。他にも、その仕事などに自分が適しているかを調査することもあります。新卒採用試験で実施されることが多いですが、問題が多く時間内に回答しきれない人もいらっしゃいます。短い時間で直感的に答えさせることで、本性を見抜くことが目的でもあります。

わざと嘘をついて回答する人

新卒採用試験では多くの企業で実施しているのですが、就活生の中にはその企業に就職したいからという理由から、より企業がほしがりそうな人物像をイメージし、そのイメージに合った回答をしていく人もいらっしゃいます。しかし、これは後に大きなキズとなります。適正試験の後に面接の企業が多いですが、その時にすぐに見破られてしまします。嘘がついていることがバレると、もちろんそんな人と一緒に働きたくないので落とされてしまします。自分がその仕事に適しているかを判断してもらうのですから、嘘は厳禁です。

結果からみる仕事の選び方

適正検査はネットでも受験可能です。受験者の性格がどんなものかだけでなく、その人に合った職種まで紹介してくれるサービスもあります。しかし、ここで問題なのが、仕事の選び方です。検査結果通りにその職を選んでもうまくいかないこともあります。あくまで性格に合うであろう職種を紹介してくれるだけで、社風や、実際の仕事内容までは教えてくれません。外回り営業向きという結果でも、実際の仕事内容はデスクで電話をひたすら掛ける営業だったりします。結果はあくまで参考資料です。100%のあなたを表現しているわけではないので、仕事選びの際は注意してください。

企業でよく行われている適性検査ですが、就活生には緊張する人も多いと思います。筆記や面接以外にも適性検査がある場合、落ち着いて検査を受けましょう。